スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

◇◆◇女子力向上緊急対策本部

ローレン・ワイズバーガー,アライン・マッケンナ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
---
(2007-04-18)

あ、「日々のトリセツ。」です。大丈夫です、アドレスあってますよ。


ワタクシゴトですが、土曜日までに急いでJJやCanCam的な女子力を
上げないといけないことになりました。
で、女子力の一環でテンプレートもかえてみた、というわけです。

詳細を話すと、知人にクラブに連れて行ってもらうことになりまして。
(クラブ活動のクラブじゃなくて、ちゃんとしたクラブだそうです。音楽聞いたり、お酒飲んだりするところ)
クラブ初体験なんですけど、何を着て行ったらいいですかと尋ねたら、

「うーん。たぶんマルのクローゼットにはない服。マルはファッションが残念だからなー。」

と。



ば、ばかにしたわね・・・!

ちがうもん!ちょっとオシャレをさぼってるだけだもん!

24年くらい・・・。


ほんとうに悔しかったので、ぜったいヤツをぎゃふんと言わせてやる。
あと3日でどうにかするための、付け焼刃な3冊。

美人画報/安野モヨコ
「働きマン」の作者、安野モヨコによる、美容指南書です。
ファッション、メイクはもちろん、インテリア、ダイエットフードやらボトックスまで、
様々な手段を使って徹底して美を追求する一冊。

結構前に出版された本だけど、古さを感じさせません。
ファッション関連の本の寿命は短いだけに、これはなかなかすごいことなのではないかと。

プラダを着た悪魔
ストーリーはさておき、もう本当に出てくる服が隅から隅まで素敵なの!
アン・ハザウェイの変身っぷりにうっとり。

CanCam
久々に読みました。
2〜3年前までは「愛され」がキーワードだったのに、最近また「モテ」に移行してる気配がします。
なんで?不景気だから?


「自分がこういう格好をする」という視点であらためて読んでみると、
化粧をするのも、ヘアメイクも、服を選ぶのも本当に難しい。
世の妙齢の女性たちはファッション・美容のために多大なる労力を割いていて
すごいなぁと思います。


この文体もよくないな。若さが感じられない。
色んな人に「文体が渋い」とか「ハードボイルドな文体」とよくいわれます。反省。
CanCam風に書き換えるなら・・・

ファッション、美容に関する本を読んでみました
みんな、キレイになるために、いっぱいいっぱいがんばってるんだなぁ
メイクもファッションもむずかしいよね
もっともっとがんばらないとなぁって思ったよ


って感じ?だめ?

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top