スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

◇◆◇合コンの社会学

北村 文,阿部 真大
光文社
¥ 735
(2007-12-13)

1ヶ月ほど前、職場の猛禽類女子から合コンに誘われたので、
社交辞令かと思って適当に返事をしていたら、ほんとうに行くことになってしまった。

そういえば、30代以上の人って「合コン」ではなくて「コンパ」と略すのね。
そもそもコンパって何の略だろうと思って調べたら、
ドイツ語で仲間を意味する「Kompanie」、英語の「Company」に由来するらしい。

たしかに、合コンに居合わせる人たちは、「場を盛り上げる」「しらけさせない」という
暗黙の目標を共有する、一時的な「仲間」である。

「仲間」としてそれぞれの役割をまっとうすることが、これまた暗黙のうちに求められていて、
どれだけ場の空気が読めるかをお互いに値踏みする・される場所でもある。

接待をする営業並にがんばったら、2時間で気力切れ。
その後、カラオケに行く面々を見送ってさくっとおうちにかえりました。
合コンで初めて合う人と差しさわりのない会話をするよりも、
気楽な飲み会で仲良しとこってり話をする方がいいや。


この本に関しては、合コン参加者のリアルな感想が記載されていたりして、
合コンに行く前に読むと、状況が俯瞰できて、面白いかもしれません。
あと、合コンでの仕事の話はNGらしい。なんでだろう。仕事の話聞くの好きなだけに、残念ー。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top