スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

◇◆◇スプートニクの恋人

村上さんは、タイトルをつけてから中身を書き始める作品と、
中身を書き終わってからタイトルをつける作品があるそうだけど、
これは前者だそうです。

物語の流れを楽しむのではなくて、
台詞や場面場面を点として楽しむ小説だと思います。
観念的なものを描こうとしている印象。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

▲top